○ 導入事例

- 商 品 -

業務用薪ボイラー

家庭用薪ボイラー

蓄熱タンク

薪割り機

導入・コンサルティング

その他の事業

- 6つのモデル -

木の駅 × 薪ボイラーの地域循環モデル

地域×エネルギー ローカルビジネスモデル

里山 × 福祉のイキイキモデル

上下流域連携の地域間交流モデル

身近な木材の<br>カスケード利用モデル

地域資源を生かした自給自足モデル

伊那市 西町の家

街中の住宅で、地域の薪による小規模な熱供給が始まりました。

長野県伊那市の市街地にある個人宅で、
薪を利用した小規模な地域熱供給が始まりました。

設計をされた地元の建築事務所「建築設計室ヴェクトル」さんが、敷地内に薪ボイラーを使った熱供給設備を設置し、この個人宅はもちろん、近隣の事務所などにも温水として熱を供給、給湯や暖房に利用する仕組みです。

伊那市内産の地域材が積極的に利用されたお宅は、「HEAT20」 G1クラスの高断熱を実現。熱供給の温水を使った全館暖房で、寒さの厳しい伊那の冬も快適に過ごせます。

また、夏は、高性能の薪ボイラーと大容量の蓄熱タンクのおかげで、1度ボイラーを焚けば1週間分のお湯が賄えるとのこと。お施主さんも、「ふんだんにお湯が使えるので温水で洗濯をしています。梅雨の間も洗濯物の嫌な臭いがなくなりました。」と喜んでおられます。

事業主体: 建築設計室ヴェクトル一級建築士事務所
所在地 長野県伊那市
運用開始時期 2018年4月
出力 50kW +蓄熱タンク500L×5台
熱利用 地域熱供給(暖房・給湯)
燃料供給 自社(薪)
年間使用量 約20㎥(薪)
家庭用薪ボイラー地域資源を生かした自給自足モデル
< 前に戻る