○ 導入事例

- 商 品 -

業務用薪ボイラー

家庭用薪ボイラー

蓄熱タンク

薪割り機

導入・コンサルティング

その他の事業

- 6つのモデル -

木の駅 × 薪ボイラーの地域循環モデル

地域×エネルギー ローカルビジネスモデル

里山 × 福祉のイキイキモデル

上下流域連携の地域間交流モデル

身近な木材の<br>カスケード利用モデル

地域資源を生かした自給自足モデル

障がい者支援施設 ともいきの里

薪ボイラーの導入で、山仕事→薪作り→ボイラー運転の仕事ができました。

障がい者支援施設「ともいきの里」に薪ボイラーを導入していただきました。この施設では木の伐採は職員がしますが、車への積み込み、薪割り、ボイラーへの薪の投入と管理は就労継続支援B型の方(こちらでは「輝くshine社員」の意味で『しゃいんさん』と呼ばれています)が担当しています。
『しゃいんさん』の仕事を作りたい、近くの里山を活かしたい、という思いで薪ボイラーを選ばれたそうです。このお湯で1日10名の入所者が介護サービス専用浴槽2基で入浴しています。『しゃいんさん』が施設の主役だそうです。

事業主体: 社会福祉法人 優輝福祉会
所在地 広島県庄原市
運用開始時期 平成28年9月
出力 薪ボイラー100kW×1台 + 蓄熱タンク4.5 t (+既設タンク2.5t)
熱利用 給湯
燃料供給 障がい者多機能型事業所 里山福業
年間使用量 50~100m³(薪)
業務用薪ボイラー里山 × 福祉の イキイキモデル
< 前に戻る